ブログ名募集中。

趣味全開です。サバゲとか野球とかアイマスとかミリタリーとか。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪行ってきました

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪

デレステ3周年アニバーサリーライブイベントのチケットが運良く当ったので行ってきました。

f:id:frozen-tuna:20180910172644j:plain

場所はヤマダグリーンドーム前橋アイマスライブ初めての会場で元々は競輪場です

f:id:frozen-tuna:20180910172540j:plain

今回は2泊3日、連番者の相方の車で行く旅でした

いつものことながら、記憶を失わないうちに書けることを書いておこうと思います

衣装、そして1曲目

今回のライブ衣装は4種類、デレステのアニバーサリー衣装勢揃いという豪華な仕様でした

  • リリース時共通衣装のスターリースカイ・ブライト
  • 1周年アニバーサリー衣装のアクロス・ザ・スターズ
  • 2周年アニバーサリー衣装のショータイム・イリュージョン
  • 3周年アニバーサリー衣装のネクスト・フロンティア

そして、ライブ初登場組が全員スターリースカイ・ブライトだったので初舞台であることとデレステの始まり衣装であることがリンクしてエモかったです

また、1曲目がデレステ最初のテーマソングだった「とどけ!アイドル」だったので3つの最初が重なって心に大きく響きました

初披露の曲たち

  • Twin☆くるっ★テール
  • Virgin Love
  • クレイジークレイジー
  • 楽園
  • おんなの道は星の道
  • Last Kiss
  • 美に入り彩を穿つ

デレステから実装されたユニット曲とシンデレラマスターの未披露だった曲が一気に披露されました

姉と妹、それぞれの悩みを持ちながらも答えを見つけ、姉妹で最高のアイドルを目指すファミリアツインのコミュをそのまま表現したかのようなパフォーマンスだったTwin☆くるっ★テール

ダチと認めあった仲の信頼を爆発させて会場をブチ上げてくれたVirgin Love

多色・点滅とこれでもかというほどのキツイ照明演出を当てて会場中のPが幻覚を見てしまいそうだったクレイジークレイジー

緊張・涙・笑顔、関裕美というアイドルの表情を詰め込んで歌い上げられた楽園という優しい歌。応援したいという思いを会場の多くのPたちが持った気がします

初舞台とは思えない堂々とした立ち振舞と歌唱力を披露してくれたおんなの道は星の道

シンデレラガールズに入ってから1年が経ち表現力の成長を横顔の色っぽさから見せてくれたLast Kiss

ハイテンポな上に最後に見せ場が待ち構える難曲をキャラクターになりきって歌い上げて会場を沸かせた美に入り彩を穿つ

どの曲もその曲が持つキャラクターの背景や声優さんとのリンクを感じさせてくれてとても良かったです

楽曲の新しい一面を見せるRemix曲たち

  • shabon song -For SS3A Rearrange MIX-
  • Lunatic Show -For SS3A Rearrange MIX-
  • メッセージ -Future PicoPico MIX-
  • Nocturne -For SS3A Rearrange MIX-
  • Twilight Sky -For Rika Rearrange MIX-
  • Flip Flop -For SS3A Rearrange MIX-
  • 輝く世界の魔法 -Magical Step Forward MIX-
  • あいくるしい -For SS3A Rearrange MIX-
  • Nation Blue -蒼く蒼く蒼く REMIX-
  • S(mile)ING! -For Rin rearranged MIX-
  • ゴキゲンParty Night -DANCE!!!!!!!!!!!!!!! REMIX-
  • Near to You -PicoPico D'n'B MIX-
  • ススメ☆オトメ ~jewel parade~ -Blooming Floral Remix-
  • お願い!シンデレラ -JAZZ rearrange MIX-

今回の目玉だったリアレンジ版の披露。

去年の5thライブでアニメBD特典のリアレンジを披露していたので、その中で未披露のものは来るだろうなと思っていましたが、まさか S(mile)ING! -For Rin rearranged MIX- が2日目の最初に来るとは思ってませんでした

大サビのタイミングでそれまで凛のカラーだった青の照明から卯月のピンクの照明に切り替わったときは鳥肌が立ちました

shabon song -For SS3A Rearrange MIX- ではお山を見つけた師匠がいつものわきわきポーズを取りながらぴょんっと小さく跳ねる姿が「わきわきハンター」のカードを彷彿とさせてかわいかったです

Lunatic Show -For SS3A Rearrange MIX- ではらりーさんがUSAダンスを披露したり、サビ終わりにキレよく手を突き上げたり、振り付けの自由度の高さが喜多見柚を感じさせてくれてよかったです

Nocturne -For SS3A Rearrange MIX- は原曲とは打って変わった静かな曲調にみのりんごさんの綺麗に伸びる歌声に驚きとこれからへの期待が高まりました。

他にも Remixされているので歌わないかと思っていたTO D@NCE TO シリーズからの選曲で不意打ちを食らいました

さらにはSS3Aに合わせた新リアレンジ曲たち。まだ2回しか聞いていないので曲をはっきりとおぼえていないのですが、デレステに追加されることが発表されているのでそこでじっくり聴きたいです。

歴史を綴るアニバーサリーソングたち

SS3Aではデレステのアニバーサリーソングを全て披露しました

とどけ!アイドルは文字通りアイドルを憧れの姿として歌った曲

BEYOND THE STARLIGHT はアイドルとして歩みだし自分の理想の姿を目指す思いを歌った曲

イリュージョニスタは変わりゆくアイドル世界で生き抜いていくための変化を歌った曲

ガールズ・イン・ザ・フロンティアはここまで歩いてきた道に囚われず新しい自分を探す決意の歌

アニバーサリーソングはデレステの歴史を描いてると言っても過言ではないと思ってます

時の流れと共にコンテンツの姿は変化していきます

その変化を捉えた上で次の1年への決意表明を僕はアニバーサリーソングから感じています

今年のガールズ・イン・ザ・フロンティアから感じるものは「挑戦」でした

歌詞から感じたのが大きいですが、ライブ演出の映像ではアイドルをたちを表す星が最終的に「どこか」へ飛んでいってしまいます

これまでEVER MOREなどの曲では同じように星でアイドルを表していましたが「シンデレラのお城に向かって」飛んでいってました

このことの対比や前年のイリュージョニスタにあった「変わらなければやがて朽ちていく」を受けて、僕はこの曲はこれまでの枠組みを捨てた未知への挑戦なのだと捉えました

なので、僕らコンテンツを見る側の人間がこれまで期待していたようなことを「お仕着せの幻想」として捨て去ってさらに上に行く展開が来ることを楽しみにしてます

そして新たなフロンティアへ

上に書いたように「挑戦」を見たいと思わせてくれたアニバーサリーソングからその期待を裏切らない今回のイベントだったと思ってます

初参加ながらサマカニでセンターを張り、誰よりも大きく、誰よりも激しく踊って存在感を見せつけてくれた小市眞琴さん

追加ゲスト発表からシンデレラガールズ5周年ソングであるEVER MOREを引っさげてイベントデビューした今年の新規ボイス3人

オリジナルメンバーが揃い、真の姿を見せてくれたセクシーギルティとIndividuals

12曲1ブロック構成やダンスショーを取り入れて今までにないライブ構成をしてきた制作陣

そして、今までシンデレラガールズになかったゴリゴリのラップを含んだ今年の総選挙曲TRUST ME

これまでのに比べるとフレッシュな面々でのライブ、4thライブのSSADay1のときのような次の展開へのワクワク感がある良いライブでした

行政が協力というフロンティア?

今回、協賛に前橋市が入ってました

f:id:frozen-tuna:20180910190014j:plain

協賛読みでは怒号のような \前橋市ぃー!!!/ のコール、市長を始め各団体の尽力もあり大変楽しい体験をさせていただきました

僕としては協力してくれることは嬉しいし盛り上がるのでできる限りの恩返しをしたいということでささやかながら食事と買物で前橋市の経済に貢献してきました

f:id:frozen-tuna:20180910190005j:plain

用意してくれた観光MAPはバンナムさんと入念にチェックして構成したとのことで、小ネタが多くとてもおもしろかったです

f:id:frozen-tuna:20180910190326j:plain

前橋市のキャラクター「ころとん」が可愛かったの思わず買ってしまったぬいぐるみと一緒にパシャリ

食事も豚肉料理が名物とのことで貰ったMAPを見ながら店を選び、カツ丼を食べてきました

f:id:frozen-tuna:20180910190524j:plain

醤油カツ丼というものが初見だったので食べてみましたが、さっぱりとした味わいでカツの油を感じさせず食が進む美味でした

他のPたちも「熱意に熱意で応える」ということをしていたのでお土産屋は長蛇の列、並木通りフェスも盛況とまさにwin-winだったんじゃないかなと思いました