ブログ名募集中。

趣味全開です。サバゲとか野球とかアイマスとかミリタリーとか。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE UNI-ON@IR!!!! SPECIALに行ってきました

f:id:frozen-tuna:20190923154839j:plain

2週間前に幕張でシンデレラのライブに心を持っていかれた余韻がまだ残ってる中やってきたミリオン6thの追加公演。

今回も運良くDay1がアソビストア先行で当たったのでDay2当てた知り合いと連番交換して行ってきた。

仙台はLVだったが神戸、福岡は現地に行ったのでその復習とゲストを見れるのが楽しみだった。

frozen-tuna.hatenablog.com

frozen-tuna.hatenablog.com

今回は初日がスタンド200レベルの前の方、2日目がアリーナA5の6列目という席だった。2日目神席かよ。

Day1

スタートダッシュの花火

初日の初手、ジェリポかHANABI団と予想してたけど花火団だった。

神戸のときより遠い位置だったのは残念だったけど、きっちりトップバッターを決めてくれた。というかクリスカが居るの全然気づけなかった。

そこからmoonyもやって、「あ、やっぱ再演だから神戸と同じ感じなのね」って思ったんだけど罠だったね。

突然襲ってくるfruity love

続いてのりるきゃん。ちゃきさんの復帰初ライブ。

「今が好き」のところでモニター映像はちゃきさんになってて、LVで見ていたプロちゃんの後輩は死んだんだろうなとか思ってたところにいきなりfruity loveが始まってびっくりした。

そしてまたLV会場の後輩の死を確信した。

この曲はとにかくダンスが可愛いので遠距離からでも動きをみてめっちゃ楽しめた。

大胆不敵に!ビッグバンズバリボー!!!!

楽しい!!!!!!

会場のSE音が爆音すぎて歌が全然聞こえんかったけど楽しいものは楽しい。

圧倒的なコール量、場合によっては振りコピとほとばしるパッションに任せて感じられる曲は終わったあとに適度な疲労感と満足感を得られて大変良い。

突然の死

ビッグバンズバリボー!!!!!で適度に疲れたあとの癒やしのようにやってきたCleasky

透明感がありながらもどこか甘酸っぱい青春を感じさせる曲を生で聞けた。そう、MCで「青春」というワードを発したときに何か引っかかるものがあった。

そして始まる次の曲。

ラムネ色 青春、そして出てくる閃光☆HANABI団のメンバー。

イントロの瞬間変な声が出て「それはダメ(刺さるという意味で)なんだよーーーーー」っていいながら連番相手の肩を借りるくらいには衝撃を受けていた。

だって、神戸公演のときにHANABI団がカバーする曲予想の筆頭にあって、めっっっっっちゃ歌って欲しかったんだもの。

ラムネ色 青春といえば劇場版で合宿の合間の休みを謳歌するシーンで流れてたのが印象的だけど、あのシーン、そのまんまHANABI団に置き換えてもいい絵になると思ってたの。だから歌ってほしかったの。

1つ、見たかったものを叶えてもらえてめちゃくちゃ嬉しかった。

見たいもの、他にもあるんじゃない?これやろ?

Day1ユニット最後のD/Zeal、ハーモニクス歌唱後即餞の鳥になり、1枚だけ蒼い羽が落ちてくる演出を今回は見逃さなかった。

福岡と違う構成だったので何が飛んでくるとかと思ったらトゥインクルリズムと一緒に「創造は始まりの風を連れて」

開場前に「福岡で狂喜乱舞やったんだからトゥインクルリズムの創造は始まりの風を連れてが聞きてぇなぁ」なんて言ってたら本当に来てしまった。

この曲は3年前のリリースイベントにも参加してて、ライブ披露は4thのサプライズだけでその時も現地に居て、今回も現地で見れたのはとてもいい体験だった。

そして、願いが叶って満足感があるところから流れるアライブファクター。

静香と千早の蒼がぶつかり合う曲、ここでお互い歌に思いを持つジュリアとの共演でやってくるとは思わなかった、というか静香千早のイメージが強すぎて完全に意識の外側だった。

静香の太く伸びる高音に対抗してジュリアが精一杯出している声は無理をしているのか決して綺麗な声とは言えない場面もあったけど全力で出している声はそれさえにも思いを込めて伝えてくるものがあった。

Day2

Day2は前に書いたとおりほぼ最前列。演者の顔も見える最高の席。今年はなぜか人のチケットで行くと神席になる。

スロットル全開の4Luxury

2日目の初手はRED ZONE、情熱的な曲とダンスを生で至近距離で見れたのは最高だった。

綺羅びやかなドレスを身にまといながらも胸の内に秘める情熱を背景の燃える炎と共に表現していて見ごたえがあった。

新カバー曲は「晴れ心」

はて、なんの曲だっけ?となっていたがアニマスのあずささん回で流れてた曲らしい。完全に忘れてた。

デレミリMシャニはほとんどの曲を覚えてるがそれでも及ばないくらい多いASの歴史の積み重ねは本当にここまでのアイマスを支えてきてくれてありがとうという気持ちだ。

からのプライヴェイト・ロードショウ、特徴的なイントロが流れた瞬間に「あ”あ”ー!」ってたぶん声に出てた。ミリオンでのASのソロは全然聞く機会がなかったので嬉しかった。

練度がどんどん上がっていく夜想令嬢

夜想令嬢は今回もミュージカルだったけど、まずクリスがセンターステージから登場してすぐ横の花道を歩いて行った。

その時の小岩井ことりさんの歩きと横顔がめちゃくちゃ綺麗だった。

演技にも磨きがかかっていて目の前で見たアレクサンドラとエレオノーラの会話では切って捨てるような「バカバカしい」のセリフの強さと、打算に満ちた口調の悪女の演技が鳥肌モノだった。

殺陣にも磨きがかかっていて、アレクサンドラがエドガーに剣を突きつけるシーンでの止めの演技がめちゃくちゃよかった。剣先が全然動いてなかった。練習は靴べらだったらしいけど。

そして追加されたアレクサンドラがエレオノーラを切るシーン。腰の入った振り下ろしからの演技の良さと、記憶が曖昧ながら「ノエル……私が……」って感じだったと思うセリフでの新情報に心を持ってかれた。

至近距離で肉眼で見る演者はかわいい

シャルロットシャーロットの衣装やっぱ良すぎか??????

ピコプラの衣装、絶妙に子供向け番組っぽさ持ってて可愛すぎか????

出会ってくれて、ありがとう

f:id:frozen-tuna:20190923215312p:plain

こちらこそ、ありがとう。現地で見るWhite Vows、振り付けは完璧だし歌は上手いしでただただ魅了されていた。

運営との解釈一致

スターエレメンツのカバー曲、「私はアイドル♥」が完全に僕と解釈一致なんだよな。

サビの「きっと私が1番。でもあなたもそこそこかも」「そりゃ私と比べるからちょっと分が悪いのよ」とか歌詞の所々にアイドルという偶像として自分が誰にも負けてないという自信と対抗心がメラメラ燃え盛ってる様が盛り込まれているところがスターエレメンツの関係性と一致してるんだよなぁ。

3年越しの悲願

赤い世界に消える頃

琴葉と可奈が一緒に歌う瞬間がやっっっっっっっと来てくれた。

もう3年前なので知ってる人も少ないと思うが、元々投票イベントのTheatreActivity03でこの曲は生まれたのだが、主役は琴葉が投票1位で獲得していた。

しかし、不運にも種田さんの療養でのお休みが入ってしまい、2位だった可奈が繰り上がりでの選出となった。

このことは当時のリリースイベントで可奈役の木戸さんも触れていて、いつか一緒に歌いたいと言っていた。それが今回叶った。

さらには幼馴染役で僅差の2位だった恵美も歌唱に参加していて、当時敗れた相手でもこうして機会がやってきてステージで披露できたことはとても良かった。

でも「みいつけた」を朋花様に言わせるのは背筋がちょっと凍る威圧感があってヤバい。

ヒーローってのはカッコいいもんだ

Justice OR Voice、カッコいいんだ。ひたすらに問いかけるような歌詞、それぞれの思いがぶつかり合う王道ヒーローソングはもう心の奥底に眠る子供の心が呼び起こされて精神が昂ぶっていく。

つまり、昂りすぎてよく覚えてないんです。目の前にいたちゃきさんがかっこよかった(小並感)

スマイル体操ガチ勢

やったー!スマイル体操現地だー!!

ど真ん中最前ブロックなんて間違いなく演者から見える場所だよな?だったら全力でやるしかねぇ!!!

ってことでサイリウムを椅子に置き、可能な限りきっちりとスマイル体操を楽しむオタクになってた。めちゃくちゃ楽しい。

イルミネーションってそういうこと!?

ラストを締めたのはフェスタ・イルミネーション。

電飾付いた衣装組を集めて光らせまくってイルミネーションって安直すぎない??????

だがそれがいい!その勢いと潔さがいい!

最後にご本人登場で押し切るのもいい!楽しかったぞ!!

あと、もちょとナンスが目の前に居て、合流したescapeから天さんが2人の間に入って並んだ瞬間、「TrySailやんけ!?」ってめっちゃ笑ってた。

突然の不意打ち、蘇る記憶

UNIONが終わり、アンコール前の告知。内容がめちゃくちゃ多かったんだけど、この告知を見た瞬間に凍った。

TB投票で2位だったアイドルへの衣装実装の告知。

理解した瞬間に「美"奈"子"ッ!?!?!?」って声を出したあとに泣き崩れた。

TB投票、美奈子は静香と三姉妹カフェの次女役でデッドヒートをしていた。それこそ最終日間近でも同票1位になる瞬間があるほどに。

僕もできることはした。Twitterダイマもした、情報の拡散にも協力した。

それでも負けた。イベントにもドラマCDにも出れない、オーディナリークローバーも歌えない、カードも追加されない。

陣営的にも炎上したとか明確なミスは見えず、TAで役を取っていたというのもあり判官贔屓な風潮が敗因だったのかもしれない。それでも悔しかった。

オーディナリークローバーがリリースされたあとに「メイド服の美奈子、見たかったねぇ」って声は同じ美奈子Pから何回も聴いた。

それが敗者復活的な救済とはいえ、報われた。走馬灯のように当時のことが頭に駆け巡ってただただ泣いてた。

こうして救済があったとはいえ、TB、TCと2位で負けているので万が一次があれば勝ちたいという思いは強い。次があって欲しくないけど。

f:id:frozen-tuna:20190923215358p:plain

やっぱメイド服はロングスカートだよな。リボンが個人カラーになってるのもいい。

f:id:frozen-tuna:20190923215458p:plain

ここすき。

飛び立つよ、ひゃくまんの想い乗せて

アンコールは予想通りFlyers!!!そしてルミエールパピヨン

f:id:frozen-tuna:20190923214429p:plain

今年も走ったからなのか、初日にイントロを聴いただけで込み上げてくるものがあって胸が詰まった。

気がつけばミリオンライブも知ってから5年ほど立った。

コンテンツを追って来た結果としての「ひゃくまんの想い」なのか、GREE版末期の雰囲気を知っていてそれからミリシタの登場で大きく羽ばたいてここまで来れたことへの信頼なのか、理由は色々あるがこの曲の満ち溢れる自信と希望と可能性は元気をくれる。

ペンライトの光は勇気と言ってるが僕は彼女たちからたくさんの元気と励ましをもらってるなぁとしみじみ感じた。

最後のThankyouではブロックの大半が花道側を見ていたところで正面にいたゆうちゃが僕らに向かってマイクを向けてきたので歌ったら、OK的なりアクションが返ってきてびっくりした。

さらにその後の花道上では「だーいすきだー」のところで諏訪ちゃんがゆうちゃを呼び、まっすぐ見てそのフレーズを言っていたところが感動的だった。

MCやアンコールの随所でMTGシリーズのユニットが、それぞれのユニットの絆で固く結ばれているんだなというのを感じた。

まとめ

仙台LV、神戸現地、福岡現地、SSA現地と行ってきて、MTGシリーズのユニットそれぞれの色を濃く出したブロック単位でのベクトルの違う尖った構成、カバー曲と予測不可能な驚きをたくさんくれた。

ライブ前にカバーはあの曲だろう、どんなことをやるんだろう、と勝手に予想する時期も楽しかったし、実際はその予想を超えるモノを仕掛けてきてくれた。

新鮮なその瞬間しかできない体験をぶつけてきてくれたことがとにかく楽しかった。最高のツアーをありがとう。

f:id:frozen-tuna:20190923215531j:plain

f:id:frozen-tuna:20190923215559j:plain

SSAのフラスタは2件参加させてもらいました。